いろいろな発電方法について【火力・原子力・風力・水力】

あなたはどれだけの発電方法をご存知でしょうか。最近政府が力を入れているのは太陽光発電です。しかし、他にも様々な発電方法があります。そこで、ここでは太陽光以外の火力発電、水力発電、風力発電、原子力発電について、良い点や悪い点をご紹介します。

TEL.03-1234-0000

〒163-0000 東京都○○区○○○1-2-3

はじめに

いろいろな発電方法をご紹介したいと思います。結論を言えば、これが完璧な発電方法というのはなく、それぞれ良い点、悪い点があります。

最近、注目を浴びている発電として太陽光発電があります。ご存知のように太陽光発電は太陽の光から電気をつくることができる、燃料不要の発電システムです。

また、太陽光発電は、温室効果ガスを出さないクリーンエネルギーとして知られており、政府も普及に力を入れています。テレビでも色々な太陽光発電メーカーがコマーシャルをしているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

しかし、太陽光発電の普及はまだまだ少なく現在の主力は火力発電です。まずは、日本での主力となっている発電方式を知っていただきたいと思います。

火力発電について

さて、その火力発電、国内の消費電力のどれぐらいを占めているのでしょうか。

火力発電は、実に消費電力の6割以上を占めています。火力発電無しでは国内の産業を支えられない程です。

その特徴は、何と言っても高出力の電気を安定供給できる事にあり、しかも、その出力を加減する事も簡単であるという点に尽きるでしょう。

しかし、その一方で、火力発電は、大量の化石燃料を使用することから、二酸化炭素(CO2)はもとより、硝酸系ガス(NOx)や、硫酸系ガス(SOx)を大量に排出するので、環境保全の面から見直しが検討されているものでもあります。

更に言うなら、火力発電で使用される化石燃料には、石油、石炭、天然ガスなどがありますが、今のところそれら全てを外国からの輸入に頼っていますので、国際情勢によってはたちまち原料が手に入らない事による深刻なエネルギー不足という事態を招いてしまいます。

不幸にして、つい最近起こった原子力発電の事故によって、いかに安全なエネルギーを手に入れるか、という事にようやく本腰を入れ始める流れができたといえるでしょう。

火力発電は、必要とされるエネルギー量自体がとても大きい為、施設としての大きさも大きくなっていますが、発電の仕組みそのものは単純です。

発電機にタービンと呼ばれる羽根車を取り付け、燃料を燃やした熱で蒸気を起こし、その蒸気をタービンに当てて回転させてあげる事で発電機から電気を取り出します。

タービンを回した後の蒸気は、冷却して水に戻し、再び熱して蒸気にして利用します。こうした循環がしっかり出来上がっているため、火力発電は実は思ったほど環境負荷が少ない面がある、という事を補足しておきます。


【PR】埼玉県は太陽光発電に適した土地柄です。埼玉で導入を考えるならこちらが参考になります。→太陽光発電 埼玉